« 事件は2度起こるの巻! | メイン | 抜糸を終えたガリちゃんの巻! »

2008年4月 6日 (日)

ガリちゃん、ダンデライオンになるの巻

桜よりも華やかな、”ガリちゃんタンポポ”が咲きました
でもこれは、避妊手術の結果です。cathospitalrestauranthairsalonshock哀しいかな、ガリちゃんはお母さんcatになれなくなりましたshockでも仕方ないですsign01恵まれない子猫を無責任に飼うわけには行かないのですsad『赦して、がりちゃんshock



栄養状態が良くなったせいか、通常どおり、1才で”発情”が来てしまいました。catlovely3月になって、house周りには、野良の雄猫catlovelyheartheartが毎晩のように来て、何も知らない初なガリちゃんは、興味津々で毎晩の夜遊びshocksad話し合った結果、hospitalcathairsalon避妊手術を受けに行きました。


ちょっと痛々しいですが、お腹を見せてね〜ガリちゃんcat


2日間の入院中、しきりに縫合の糸を舐めて、かみ切ろうとするので、その防止のための黄色いキャップというワケです。でも、ガリちゃんにとっては、首枷なんで、ストレスそのものsadsign01餌も食べにくく、ジャンプも出来ないsad


いつもの寝室に向かうのも、階段が難関になりました。スイッチバックのように、言ったり来たりしながら、一段一段登りましたsign01catannoy頑張れsign01ガリちゃんsign01catdogフィガロも応援していましたdog


やっと登れた階段sign01houseいつもの慣れた家も、思わぬ不自由さに、苦労連続のガリちゃんですsadでも、だんだん良くなっていますcat出費多難の年度末でしたが、ちなみにhospitaldollarは18000円でした。去勢より高いですsad


トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/396524/18197094

ガリちゃん、ダンデライオンになるの巻を参照しているブログ:

コメント

私は、番犬用のオスdogしか、飼った事ないので、こんな経験ないのです。ガリちゃんの手術の跡を見たら、かわいそうですが、望まないcat子猫ちゃんたちが、生まれてくるのは、もっとかわいそうなことなのですよねsad ガリちゃんが一日でも早く、元気な生活に戻れるよう、願っておりますsmile

うちの猫2匹も5年前に避妊手術をしました。術後麻酔が切れた時にふらふら歩いていたことや,ブログ内でもあったように傷口をなめていたのを思い出しました。それから,こんなに痛い思いをさせた猫達を飼い主として一生大切に育てようと誓ったことも思い出しましたcatガリちゃんが早く元気になりますように遠くからお祈りしていますsmile

めいちゃん、くろねこさん、コメントありがとうsign01携帯に、コメントの通知は届いていたのですが、ついついかまけて返事を書けませんでしたshockガリちゃんは、今日、妻が連れてって抜糸をしてきました。hospitalcat写真を撮って、載せたいのですが、また今度の、土日かなsign02でも、元気いっぱいですよcathorsesweat01ネコ馬みたいに、走り回っています。ネコって、仲間catのネコが居ると、時々運動会みたいに追い駆けっこrunrunするでしょうhorsehorseあんな感じで、犬やネコが乱れ飛んでいますhousesweat01ネコや犬の世界では、避妊すると、長生きだと思います。ガリちゃんは、僕の定年までは生きていてくれると思いますheart

コメントを投稿

Powered by Six Apart
フォトアルバム

フォトアルバム

ガリちゃん

  • F1000370
    冬の間、ガリちゃんはちゃんと暖かい場所を知っていました。 コタツの電気を切ってしまうと、のそりのそりとお風呂に入りに出かけるガリちゃん。 暖かい蓋の上に飛び乗ると、しばし毛繕いをして、パタッと寝てしまいます。 夜、僕のベッドに入ってこないときには、こうして岩盤浴ならぬ、温板浴?を楽しんでいる、ガリちゃんです。

更新ブログ

最近のトラックバック

ウェブページ